FC2ブログ
2009.11.25 (Wed)

♪誰も寝てはならぬ~プッチーニのオペラ『トゥーランドット』の有名なアリアです

日本全国のオペラファンの皆様、お待たせしました!!!
(注:今日の記事はとても長いよ。)

わたくしルクバトは、ついにやりました。I made it!

私がオペラを好きになるきっかけとなった、プッチーのオペラ「トゥーランド」の超有名なアリア「誰も寝てはならぬ」を耳コピして、歌い上げることに成功しました!

カラオケでオペラのアリアを歌いたくても、当然そんな曲ある訳ありません。
それでもオペラのアリアを歌いたい!わたくしの長年の夢でございました。

その夢がついに実現したのでございます。

すいません。普通に戻ります。

この「誰も寝てはならぬ」は、荒川静香さんが、トリノ五輪で金メダルを取ったときのフリー演技で使われた曲で有名になりましたよね。

おそらく、今ではこの曲を知らない人はいないと思います。

さあ、私が耳コピしたコードは以下のとおりです!


プッチーニ『誰も寝てはならぬ』~オペラ『トゥーランドット』より

日本語訳:ルクバト

Original Key=G(たぶん)

[テノール:名を秘めた王子]
C      G         C      G
Nessun dorma!... Nessun dorma!...
(誰も寝てはならぬ! 誰も寝てはならぬ!)

C                F
Tu pure, o Principessa,
(あなたもそうだ、姫よ)

Dm        G       C
nella tua fredda stanza
(あなたの冷たい部屋の中で)

G         C      G           Dm     G        C
guardi le stelle che tremano d'amore e di speranza!
(愛と希望に震える星々を見るのだ!)

G                            Em7
Ma il mio mistero e chiuso in me,
(だが私の秘密はこの胸の奥にあるだけで)

Am                     D7
il nome mio nessun sapra!
(私の名前は誰にも分からない!)

                 G             Em7
No, no, sulla tua bocca lo diro
(だが、あなたの唇に告げよう)

           D7        G
quando la luce splendera!
(夜が明けるとき)

C         F         G
Ed il mio bacio scogliera
(そして、沈黙を破る私の口づけにより)

   C        Dm        C    G
il silenzio che ti fa mia!
(あなたを私のものとするだろう!)

[合唱:ソプラノ]
C                       Am
Il nome suo nessun sapra...
(私たちは彼の名前を知らない…)

Dm                  G
E noi dovrem ahime, morir, morir!...
(そして、ああ、私たちには死が、死が…)

[テノール:名を秘めた王子]
G          C      C           G
Dilegua, o notte! tramontate, stelle!
(おお、夜よ去れ!星よ、沈め!)

Am          G        G            C
Tramontate, stelle! All'alba vincero!
(星よ沈め!朝になれば、私の勝利だ!)

F              C
Vincero! Vincero!
(私の勝ちだ!勝利だ!)



さて、この曲は、オペラのストーリーを知らないと、歌詞の内容がチンプンカンプンだと思いますので、以下にあらすじを書いてみました。興味ある方は読んでから、演奏を聴いてみてください。

舞台は古代中国の北京。
その中国を治める王の王女「トゥーランドット」が主人公です。
この姫は、絶世の美女で、各国の王子から求婚されます。
しかし、結婚の条件は、姫が出題する3つの謎を解くことで、もし謎解きに失敗した場合は、死刑になる、といったストーリです。

ある日、名を秘めた王子が、姫に求婚し、3つの謎解きに挑戦します。
名を秘めた王子は、見事に3つ全ての謎を解きます。
しかし、姫は約束を破り結婚を認めようとしません。
そこで、名を秘めた王子は、明日の朝までに、自分の名前を言い当てたら、私は死にましょう。と逆に、姫に謎をかけます。

このとき、姫がその名を秘めた王子の名前を探り当てようと、全国民にお触れをだします。「今夜は誰も寝てはならぬ!」と。

このとき、名を秘めた王子がそのお触れを聞いて、歌うアリアが「誰も寝てはならぬ」です。

私が弾き語りで、裏声で歌っているソプラノの「そして、ああ、私たちには死が、死が…」という台詞は、明日の朝までに名を秘めた王子の名前が分からなければ、姫から死を賜ることを嘆いているのです。
一方、名を秘めた王子は勝利を確信し、高らかに勝利を歌い上げています。
「星よ沈め!朝が来れば、私の勝ちだ!」と。

姫は、名を秘めた王子の連れ合いの女奴隷を拷問にかけ、「名を言え」と攻めたてます。しかし、密かに王子を愛する女奴隷は、王子の愛のために自ら死を選びます。

残念ながら、作者プッチーニは、ここまで作品を書き上げたあと他界します。
続きは、プッチーニの弟子により補完され、一応の完成となります。

その後の展開は、姫は王子の愛に目覚めます。一方、名を秘めた王子は、姫に自分の名を告げてしまいます。

そして、夜が明けます。
本来なら、名前を明かしてしまった王子の負けであり、王子が死を賜るはずの場面で、姫が歌い上げるのは、

「彼の名前が分かりました。その名前は・・・」

「愛」

と高らかに歌い上げ、二人は結ばれます。

私は始めてこのオペラを見たとき、感動あまりに涙がでました。

オペラに興味をもたれた方はぜひ、DVDでこのプッチーニのオペラ「トゥーランドット」を見てください。

では、演奏をどうぞ。



スポンサーサイト



00:07  |  オペラ・合唱曲など  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

愛用のギター

検索フォーム

ギターコードブック

リンク

カレンダー

月別アーカイブ

ブログランキング