スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.01 (Thu)

♪ぼくたちの失敗~やっぱアルペジオでしょ

先日、森田童子の『ぼくたちの失敗』をストロークで弾き語りしました。

でも、この曲はやっぱり、アルペジオでしょう。

と言うわけで、無理やり アルペジオとストロークを織り交ぜた、超適当アレンジバージョンで
やってみました。

うーん、やっぱピック弾きのアルペジオは完全に練習不足ですね。

また、ストロークでピックがずれてしまい、最後のアルペジオはちゃんと弾けてません

もっと練習したいところですが、早く寝なさいという突っ込みが入ったので、今日はこれくらいにします。



スポンサーサイト
01:00  |  森田童子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.02 (Fri)

ギターの弦を交換しました

本日、HD-210Eを購入してから、初めて弦を交換しました。

交換した弦はエリクサーのライトゲージです。
Elixirの弦

さて、ギターの弦の交換に必要な道具と言えば、

まず、ブリッジ・ピン抜き。
ピンヌキ

そして、これがないとやってられません。
ワインダー。
ワインダー

あとは、余った弦を切るためのペンチがあればOKです。

やっぱり新しい弦は音が良くて気持ちがいいです。
弦

ところで、gontaさんのブログで、HeadwayのHD-115のブリッジピンに溝がない、という記事を見て気になっていましたが、自分のHD-210Eも同じでした。

ブリッジピン

前のギターのブリッジピンには溝が彫ってあったので、ブリッジピンはすべて溝があるものだと思っていました。(私のWEBカメラは画質が悪いのですが、溝があるの分かりますか?)
前のギターのブリッジピン

ブリッジピンに溝はありませんが、前のギターに比べて、HD-210Eの方がブリッジピンが安定します。
やはり、こういうところも値段の差って出てくるのでしょうか。

21:29  |  ギター  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.03 (Sat)

♪男のくせに泣いてくれた~Bm7♭5なんて弾いたことないぞ

森田童子の『ぼくたちの失敗』を歌ったら、ドラマ『高校教師』の挿入歌だった、『男のくせに泣いてくれた』も弾き語りしたくなりました。

この曲の唯一の難所は以下の部分です。

  Dm G7 C     Dm Bm7-5  E7
君と涙 が乾くまで 肩抱きあってねた


Bm7♭5なんてコード押さえたことありません。
コードブックで調べてみると・・・・
Bm7-5(通常)

なるほど、これは押さえるの難しそうだなぁ・・・

しかし、良く見ると、ここは Dm→Bm7♭5のコードチェンジで、しかもアルペジオの場合は、4弦の3フレットは押さえなくてもOKです。

となると、Dmからのチェンジは・・・
Dm
赤色で示した1弦1フレットの人差し指を5弦2フレットに移動するだけで、
Bm7-5(アルペジオ)
(アルペジオ用の)Bm7♭5にチェンジできます。

例の共通部分の指は動かさないってやつです。

え?1弦はミュート? そんなの当然、無視です。

と言うわけで、張り替えたばかりの新しい弦で演奏します。



00:54  |  森田童子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.04 (Sun)

♪雨のクロール~初めてのリズムに苦戦

先日ピックの持ち方の矯正を決めてから、ストロークの練習をしているんですが、弾いているうちにピックがずれてしまい1曲弾けません。

例によって、あまり根つめるとギターが嫌になるので、気分転換に別の曲を・・・
(こんなことばっかりやってるから、上達しない?!)

『ぼくたちの失敗』で森田童子の曲を弾いてから、森田童子にハマッテしまいました。
と言うわけで、今回も森田童子の『雨のクロール』です。
コード進行はもちろんJ-Total MusicからGETです。

いつものように黄金の3パターン(馬鹿の一つ覚えともいう・・・)のどれかのアルペジオで弾こうと思ったら・・・

アルペジオのパターン
アルペジオのパターン3
パターン3

ややっ!?? この曲って、いつもの3パターンでは、なんか合わないぞ。

色々試した結果、パターン1をちょっとアレンジすれば良さそうなことが分かりました。
しかし、こんなリズムでアルペジオを弾くのは初めてで、リズム感のない私はかなり苦労しました。

この曲、うわべは明るいのですが、歌詞は悲しく、曲と歌詞のギャップがたまりません。



21:43  |  森田童子  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.05 (Mon)

弾き語りの魅力

本日は残業で疲れ切ってしまったので、さすがにギターの演奏はお休みして、弾き語りの魅力について語りたいと思います。

このところ弾き語りが楽しくてしょうがありません。
技術的にはまだまだ初心者の域を脱しておりませんが、それでもこれが弾きたいっ!と思った曲は練習すればそこそこ弾けるようになります。(すべてではありませんが)

今はこんなに音楽が好きな私ですが、小・中・高校時代は、はっきり言って、音楽は、「音が苦」でした。そう、私にとって音楽は、苦痛以外の何者でもありませんでした。
特に、クラス全員の前で歌うという形式のテストには絶えられませんでした。

しかしです! 歌が嫌いな人がこの世にいるでしょうか?
どんなに音楽が苦手な人だって、思わず鼻歌を歌ってしまうような好きな曲はあるはずです。
それに歌のすばらしいところは、楽譜が読めなくても、耳から聴いただけで、歌えるようになることです。
それが単なる鼻歌ではなく、ギターの伴奏つきで鼻歌が歌えるのです!なんと素晴らしいことか。

私は音痴ですが、それでもカラオケの楽しさは知っています。
でもギターの弾き語りの楽しさに比べたら、カラオケなんて目じゃありません。
ほんとギターに出会えて、良かったです。ギターのない人生なんて、もう考えれません。

ギターを始めたばかりの方で、この記事をご覧になられた方がおられましたら、ぜひお互いがんばりましょう! Fなんてちゃんとならなくても気にしない! こんな楽しい世界をFが弾けないだけで、あきらめるなんて、もったいないです!

ああ、XXXちゃん、ありがとう!あなたとの出会いが私の素敵なギターライフの始まりでした。(注:ギターとの出会いを参照)

世の中のみんな、なぜギターを弾かないのだ~!
ギターを弾かずに日々過ごしているなんて、人生無駄に消費しているぞっ!
学生諸君、勉強なんて英語だけやっときゃ十分です。
(はい、英語は海外旅行を楽しむためには必要です)
世の中にでて役に立たん勉強などやめて、ギターを弾こう!

うーん、今日は疲れたので晩酌をしたせいか、酔ってるなこりゃ・・・この辺で終わりにしときます。

23:25  |  ギター  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.07 (Wed)

♪TIME TO SAY GOODBYE

はい。本日も練習中の曲を大きくはずれて、私の大好きなサラ・ブライトマンの『TIME TO SAY GOODBYE』をやります。

さすがにイタリア語で、前半の語りかけるような部分は厳しいので、後半のサビのみ歌ってみました。最後に転調するので、キーを下げないと声がでないので、カポ3です。

うーん、弾き語りって素敵。この曲大好きなので、ギターを始める前はアカペラ(注:俗に鼻歌とも言う)で歌ってましたが、何しろキーが高くて声がでませんでした。ギターとカポさえあれば、簡単にキーを下げられるので、快適です。



TIME TO SAY GOODBYE(後半のサビのみ)

Original Key=?(誰か教えて)

G     Dsus4 D      Em C
Time to      say goodbye
  G  Dsus4 D       Em    C          G
paesi      che non ho mai veduto e vissuto con te
Am   D    G
adesso si li vivro
     Dsus4 D  Em  C
Con te      partiro
C   G       Dsus4 D      Em
su navi per mari      che io lo so
  C          G
no no non esistono piu
Am        A
Con te io li rivivro
     Esus4 E F#m
Con te      partiro
D   A       Esus4 E     F#m
su navi per mari     che io lo so
  D          A
no no non esistono piu
Bm     E   A
Con te io li rivivro
     Esus4 E  F#m  D
Con te      partiro

[A|Esus4|F#m|D|A|Bm]

    Asus4   A
Io con te ______







23:56  |  ギター演奏  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.11 (Sun)

♪MUSIC OF THE NIGHT ~歌って難しい・・・

今週は連休なので、少し難しい曲に挑戦!と思い、アンドリュー・ロイド・ウェーバーのオペラ座の怪人から『MUSIC OF THE NIGHT』を練習しています。(また、無謀なことを・・・)

この曲はオリジナルキーはD♭と難しいので、カポ1でキーをCにすれば簡単になります。

確かにギターのコードは、“ものすごく簡単”(ときどきB♭やG#が出てきますが)です。
なので、自分はまだまだ初心者ですが、なんとかキーがCやGの曲なら、ちょっと練習すればそこそこ弾けるようになってきたので、この曲もキーがCならすぐいけるだろうと思っていました。

ところがこの曲、普通のPOPじゃなく、ミュージカルの中に出てくる歌なので、歌がものすごく難しいんです。(以下に歌詞の一部を掲載しますが、赤色の部分が特に難しく感じますが、ここが難しく感じるのは音痴な自分だけでしょうか・・・)

まあでも、趣味で鼻歌まじりに歌うならこれでも十分満足です。
(・・・でと思わなければ、ギターが嫌いなります)

遅まきながら、社会人になってから始めたギター。
平日は残業、休日出勤もあり、練習量を考えると、ギターがそんなにうまくなるとは思ってません。

本日の演奏は、とても人様に見せられたものではありませんが、自分が楽しくギターを続けられるならいいと思ってます。



MUSIC OF THE NIGHT from Phantom of the Opera

Original Key D♭, Capo1 Play C

C      G      C           G
Night time sharpens, heightens each sensation
C     G     F        G
darkness stirs and wakes imagination.
F       C     F          C
Silently the senses abandon their defenses

[F Bb  F C Dm Em]
 
C    G    C         G
Slowly, gently, night unfurls its splendor;
C     G    F        G
grasp it, sense it, tremulous and tender.
F         C         F        C
Turn your face away from the garish light of day,
      F            Bb     F    C
turn your thoughts away from cold, unfeeling light
   G       G7       C
and listen to the music of the night.
       Bb             Eb
Close your eyes and surrender to your darkest dreams!
       G#                D
Purge your thoughts of the life you knew before!
    G         G7          C
Close your eyes let your spirit start to soar
     Em      B          E
and you'll live as you've never lived before.



01:14  |  オペラ・合唱曲など  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.13 (Tue)

冬はギターを弾くのが億劫です

このところすっかり秋めいてきましたね。
これからもっと寒くなってくると、手が悴んでギターを弾くのがおっくうな季節がやってきます。

平日、残業から帰ってくると、部屋は冷え切っています。
暖房を入れて部屋と体を温めて、それからギターを・・・なんてやっていると遅くなってしまいます。

この秋から来年の春までは、仕事がめちゃくちゃ忙しくなるので、平日はギターの練習がなかなかできくなりそうです。(ToT

何しろ私の仕事は忙しくなると、帰宅は0時なんて当たり前だし、休日出勤もしばしばです。

皆さんは冬でも他の季節と変わらず、ギターを弾いているのでしょうか?
00:41  |  ギター  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.14 (Wed)

♪おしえて~アルプスの少女ハイジ

はい。今日は晩酌に赤ワインを少々飲みまして、ほろ酔い気分であります。

なので、今日は軽めの曲で練習を・・・

そう、5分でも良いから毎日ギターを触ることが上達の道と信じています。

えーと、何がいいかなぁ・・・
うん、こういうときは、やっぱアニソンでしょ。

で、なんとなく選んだのが、アルプスの少女ハイジのオープニングの『おしえて』です。

あれ?!変だな・・・自分の持っている楽譜(といっても歌詞にコードが振ってあるだけのやつ)、なんかコード間違ってますね。えーと、はい、修正しました。

しかし!この曲、キーはCだし、軽い気持ちで選んだのですが、意外とコードチェンジが忙しい!

(1)次のF→Dm→G7のチェンジが何気に忙しいです。

   C            F   Dm   G7
くちぶえはなぜ とおくまで聞こえるの あのくもはなぜ


(2)さらにもっと忙しいのは、次のC→G7→C→Fです。

     C G7 C  F
わたしをまっているの おしえておじいさん


と言うわけで、この曲を弾くには、コードチェンジのだびに指を全部ぱっと離してから、押さえなおすのでは絶対に間に合いません。

ここは究極秘奥義を尽くさねばなりません。
#って北斗の拳かよ・・・(注:本日は酔っています)

(1)F→Dm→G7
 
まずここ。
FからDmへチェンジするときは、3弦2フレを押さえる中指は離しちゃだめです。
またDmからG7へチェンジするときは、1弦1フレを押さえる人さし指はそのままです。
Fの押さえ方
    ↓中指は押さえたままチェンジ
Dm
    ↓人差し指は押さえたままチェンジ
G7の押さえ方

はい。この奥義により、ここはOK。

(2)C→G7→C→F

ここは、(1)と違って共通な指はありませんが、CとG7であまり指は移動しなくてもチェンジできますよね?ここは練習あるのみです。また、パッパとコードチェンジができるようにするためには、力んでいてはだめです。最小限の力でコードを押さえるようにします。

さあ、みんなもアルプスの少女ハイジを歌って、コードチェンジの練習だ!
#注:酔ってます。



00:47  |  アニソン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.15 (Thu)

♪君といつまでも-改め『ギターといつまでも(笑)』です

昨日あけた赤ワインのボトルがあるので、本日も飲んでいます。

なので、今日はギターを弾かないつもりでおりました。
が、やっぱりギターが好きなので、君に触れずにはいらないっ!!! 
ああ、その魅惑的なくびれ、君はなんて愛おしいのだ。
※注:酔ってます。

と言うわけで、本日は酔った勢いでも弾けるアルペジオで加山雄三の『君といつまでも』、
改め『ギターといつまでも』をお届けします。

はい、独白の部分のせりふを変えておりますので、ご注目あれ。

酔っ払って、少々歌詞がおかしいところがありますが、許してね。
ええ、Bm、Cmの1拍目のベース音がでないなんて気にしちゃいません。

いや、最後のGはローコードかバレーコードのどっちにしようか迷ってしまいました。




00:24  |  加山雄三  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT

FC2カウンター

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

愛用のギター

検索フォーム

ギターコードブック

リンク

カレンダー

月別アーカイブ

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。