スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.14 (Sat)

♪ねごと カロン

今日はゆみさんのブログで紹介されていたのがきっかけて知った

ねごと 『カロン』

を弾き語りました。

タイトルの『カロン』ですが、意味が良く分からなかったので、ちょっと調べてみました。

すると、ねごと自信がインタビューで、次のように答えているようです。

タイトルのカロンは星の名前で、
カロンと冥王星ってお互いの重力に引かれながら廻ってるんですね。
たとえば月は地球の周りを廻るから見えなくなる時間もあるけど、
カロンと冥王星は、常にお互いが見えてる状態らしいんです。
そういう意味では、未来の自分と今の自分にも重なるんじゃないかなと思ってつけました



天文ファンとして、

「カロンと冥王星は、常にお互いが見えてる状態」

について、補足しますね。(^^;

おそらく、ねごとが言いたかったのは、次のようなことだと解釈しています。

カロンと冥王星は、月と地球の関係によく似ています。
月って、地球に対していつも表(うさぎがいる面)しか見えなくて、月の裏側って見えないですよね?
カロンも同じで冥王星に対して表の面しか見せません。

これはカロンの自転周期が冥王星に対する公転周期と同じためです。

月と地球と違うのは、冥王星もカロンに対して同じ面しか向けていないということです。
つまり、カロンの公転周期は、冥王星の自転周期とも一致しているというこですね。

これが「カロンと冥王星は、常にお互いが見えてる状態」という意味です。
逆に言うと、カロンが見えていない反対側からは永遠にカロンが見えません。
(地球で例えると、日本からは月が常に見えているけど、イギリスからは月は永遠に見えないということ)

ねごとは、このことを「常にカロンが恋人である冥王星とお互いに顔を向け見つめあい続けている」と言いたかったのでしょう。

---

と、まあ、そんなことはどうでもいいですが、音外しすぎですね(-_-;
ぎりぎりのキーで歌ったら、声がでませんでした。
もっとキーを下げれば声が出るんですが、そうすると、今度は歌っていてつまんないんですよね・・・




スポンサーサイト
16:57  |  ねごと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

愛用のギター

検索フォーム

ギターコードブック

リンク

カレンダー

月別アーカイブ

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。