スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.02.19 (Sat)

♪岡村孝子 夢をあきらめないで

今日は5年ぶりにクラッシックのコンサートへ行ってきました。(^^)v
(危うく休日出勤で仕事になりそうでしたが・・・)

演目は私が高校や大学時代の一時期、毎日のように聴いていた

マーラー 交響曲第9番ニ長調

です。

この曲をコンサートで聴くのは12年ぶりですが、やっぱ生オケはいいですね。
演奏は第1ホルンと美人(?)の第1ヴィオラが良かったです。
最近ギターの弾き語りでJ-POPがメインですが、またクラッシック熱が再燃しそうです。

マーラーの最高傑作であるこの第9は「死」がテーマです。

「死」がテーマということに関して、この曲には逸話があります。

マーラー自身、偉大なベートヴェンやブルックナーが交響曲を9つ書き上げて他界してしまったことに異様な恐怖心があり、自分も交響曲第9番を書き上げたら死んでしまうと考えていたといわれています。
このため、マーラーは9つ目の交響曲である前作「大地の歌」に9番という番号をつけませんでした。
そして、この第9交響曲を第10番としようとしていました。

しかし、皮肉なことに、マーラーはこの第9番を書き上げた後、第10番の交響曲は完成することができずに他界します。マーラーも第9のジンクスから逃れることはできなかったのです。

また、クラッシックの世界では、この第9のニ長調は『天上の調性』といわれています。
これは、ニ長調を表すDがDeus(神)の頭文字だからです。

普通の交響曲であれば、第1楽章と第4楽章はニ長調ですが、この曲の第4楽章は音階的に二長調からはもっとも遠い変二長調です。これは、もう二度と帰れない世界に足を踏み入れた(=死後の世界)ことを示しているとも言われています。

----

前置きが長くなりましたが、本日の弾き語りの曲は、私が愛して止まないこのマーラーの交響曲第9番の第4楽章と同じ、変二長調の曲(KEY=D♭)を探しました。

岡村孝子 『夢をあきらめないで』

です。

動画にあるように、最近はたいてい、このように赤ワインをちびちびやりなから、弾き語りをしております。


スポンサーサイト
22:38  |  岡村孝子  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

愛用のギター

検索フォーム

ギターコードブック

リンク

カレンダー

月別アーカイブ

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。