スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.09.18 (Sun)

♪KAN 愛は勝つ

前回アップしてから、またまた1ヶ月以上もあいてしまいました。

仕事で疲れていて、休みの日も何かをやろう! という気力が湧いてこない日々が続いております。

そんなことではイカン!ということで、本日は元気がでるような曲をチョイスしました。

因みに、本当はこの3連休も仕事の筈だったのですが、何しろ自分は会社で残業時間がダントツ1位だそうで、労働組合から休日勤務の禁止令が出てしまいました。(汗;
なので、しばらくぶりに休日を満喫しております。

さて、本日の弾き語りは

KAN 『愛は勝つ』

です。

例によって、思いっ切りキーを下げてます(Capo5)

この曲で押さ難いコードは、EonG# なんですが、Capo5にしているおかげて、フレット間隔が短くなり、カポなしよりは、押さえ易いです。その代わりに、フレット間隔が短くなると、今度はB7が押さえ難くくなるのですが。

スポンサーサイト
14:42  |  KAN  |  TB(4)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2011.08.13 (Sat)

♪BOØWY ONLY YOU

心が折れそうです。

単に仕事が忙しいだけなら良いのですが、仕事がうまく行っていません。
ほとんど休みもなしに、昼休みもパンをかじりながらPCに向かって仕事をしてきました。

でもビジネスの世界は、いくら頑張っても過程は認めてはもらえません。結果がすべてです。
結果が伴わなければ、何日徹夜しようが、1日2時間しか寝てなかろうが、全く関係ありません。

このところ心に余裕が感じられません。

そんな訳で、すっかりブログも放置状態となってしまいました。

今週末は久しぶりにゆっくりして、少し落ち着いたので、久しぶりに弾き語り動画をアップします。

BOØWY 『ONLY YOU』

高校生の頃よく聴いていましたが、今聴いても全く色褪せてはいませんね。

20:00  |  BOØWY  |  TB(4)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2011.06.08 (Wed)

♪栗山千明 流星のナミダ

このところ風邪気味で喉の調子が悪く、弾き語りを断念しておりました。

今日は最近観たガンダムUCのエピソード1のエンディングに使われている

栗山千明 『流星のナミダ』


です。

千明様(ファンはこう呼んでいるらしい)、歌上手いのですね。
私にはこの曲は難しくて、楽譜通りに歌えてません。(-_-;



それにしても、ガンダム世代の私には、ガンダムUCはたまりません。
ファーストガンダム、Zガンダム、逆襲のシャアの流れを組んでいるので、最近のガンダムは良く解らんという人にも、このUC(ユニコーン)はおすすめです。

私はこの動画を観て、ガンダムUCが観たくなりました。
栗山千明の素晴らしい歌声の『流星のナミダ』の名曲にのせて、なんとも素晴らしい映像だと思います。
 ↓ ↓ ↓
 ↓ ↓ ↓ 音量が大きいので注意
 ↓ ↓ ↓


うーん、クシャトリヤ、かっこイイ。。。
00:01  |  栗山千明  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.22 (Sun)

♪AKB48 誰かのために

このところ、昼と夜の寒暖差が激しくなってきました。
仕事も超ピークなので、体調を崩さないように注意しないといけません。

さて、本日は

AKB48 『誰かのために~What cna I do for someone?~』

です。

この曲は、つい最近まで全然知らなかったのですが、震災後に良く耳にするようになり知りました。(歌詞の内容から、ちょうど震災応援ソングみたいな扱いだったのかも知れません)

この曲、Aメロ、Bメロはやたらバレーコードが多いので、ちょっと手抜きして、ショートバージョンです。

裏声でコーラスを重ね撮りするのが癖になりそうです。

00:42  |  AKB48  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2011.05.14 (Sat)

♪ねごと カロン

今日はゆみさんのブログで紹介されていたのがきっかけて知った

ねごと 『カロン』

を弾き語りました。

タイトルの『カロン』ですが、意味が良く分からなかったので、ちょっと調べてみました。

すると、ねごと自信がインタビューで、次のように答えているようです。

タイトルのカロンは星の名前で、
カロンと冥王星ってお互いの重力に引かれながら廻ってるんですね。
たとえば月は地球の周りを廻るから見えなくなる時間もあるけど、
カロンと冥王星は、常にお互いが見えてる状態らしいんです。
そういう意味では、未来の自分と今の自分にも重なるんじゃないかなと思ってつけました



天文ファンとして、

「カロンと冥王星は、常にお互いが見えてる状態」

について、補足しますね。(^^;

おそらく、ねごとが言いたかったのは、次のようなことだと解釈しています。

カロンと冥王星は、月と地球の関係によく似ています。
月って、地球に対していつも表(うさぎがいる面)しか見えなくて、月の裏側って見えないですよね?
カロンも同じで冥王星に対して表の面しか見せません。

これはカロンの自転周期が冥王星に対する公転周期と同じためです。

月と地球と違うのは、冥王星もカロンに対して同じ面しか向けていないということです。
つまり、カロンの公転周期は、冥王星の自転周期とも一致しているというこですね。

これが「カロンと冥王星は、常にお互いが見えてる状態」という意味です。
逆に言うと、カロンが見えていない反対側からは永遠にカロンが見えません。
(地球で例えると、日本からは月が常に見えているけど、イギリスからは月は永遠に見えないということ)

ねごとは、このことを「常にカロンが恋人である冥王星とお互いに顔を向け見つめあい続けている」と言いたかったのでしょう。

---

と、まあ、そんなことはどうでもいいですが、音外しすぎですね(-_-;
ぎりぎりのキーで歌ったら、声がでませんでした。
もっとキーを下げれば声が出るんですが、そうすると、今度は歌っていてつまんないんですよね・・・




16:57  |  ねごと  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT

FC2カウンター

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

愛用のギター

検索フォーム

ギターコードブック

リンク

カレンダー

月別アーカイブ

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。